単身引越し初心者必見!単身のための引越し講座

荷造り・梱包テクニック!単身引越しでも困らない!

男性

荷造りを初めて一人でしようというあなたに、後で後悔しない丁寧な荷造り、梱包のテクニックをご紹介します。はじめに、どこから荷造りを始めるかですが、普段あまり使わない物から始めるようにしましょう。幼い頃のアルバムやすぐ着ない衣類、コレクションしている漫画やすぐに使えなくても困らない雑貨から始めましょう。あまり早くに使うものを梱包してしまうと引越し当日までの生活に困ってしまいます。次にどうやって梱包したらいいか迷うものについて解説をしていきます。まず、食器類などの割れ物の梱包方法です。割れ物同士が当たってしまうと割れたり、ヒビが入ったりしてしまうことにつながるので、一つづつ包みます。包むのは新聞紙がおすすめです。食器類は形が様々でダンボールにピッタリと入らないことがほとんどなので、隙間にも新聞紙やプチプチを詰めると安心です。衣類の梱包方法はハンガーラックを引越し業者から貸してもらえるので、業者を使う方は楽ちんですね。ハンガーに掛かっている以外の衣類は丁寧にたたまないとシワの原因になってしまいます。気をつけましょう。季節ごとに分けておくと新居での整理が簡単です。次は調味料などこぼれやすいものの梱包です。口に輪ゴムを止めて、ビニール袋に入れましょう。それでもこぼれてしまう事があるので、ビニール袋は何重かにしておくといいですね。コード類はどの家電のものか分からなくなりやすいので、その家電にくくりつけておくか、色の違うビニールテープをつけておくといいと思います。マスキングテープでも代用できますので、可愛くまとめたい人にはおすすめです。単身の荷造りには時間もかかって大変ですが、大切な物が壊れて後悔しないように梱包していきしょう!